やまがたのだしの応用!

0823パスタ

最近おやつのようなものばかり載せていたことに気が付きました。

今回は 玄米スパゲティとだしの応用の色とりどり野菜

山形のだしは 細かく刻んだがごめ昆布 商品名は「納豆こんぶ」に

きゅうり、なす、ねぎ、みょうがなどをみじん切りにして混ぜて醤油で和えた物。

この写真左奥がだしです。

これ ↓

0721ごはん

夏の暑い時に熱々ご飯にのせていただきます。

それにならって、オクラ、ミニトマト、つるむらさき、ピーマン、パプリカを刻んで、

ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウで作ったドレッシングで合えました。

茹でて水洗いしたパスタにのせました。

0823キヌア

キヌアのサラダも同じようなだしの応用。

キヌアは倍量の水を入れて15分くらい強火、その後弱火で煮ます。水分がすっかりなくなっていたら出来上がり。

冷ましてコーンとインゲン(1cm角に切ったもの)と合わせて、こちらもお好みドレッシングで合えます。

このドレッシングはワインビネガーとしょうゆを同量、オリーブオイルをやや多目にして酸味の柔らかいドレッシングにしました。

キヌアは一度まとめて煮ておけば冷凍にしておいてください。サラダの他、スイーツにも使えます。今注目の雑穀。

玄米と比べてみますとたんぱく質は2倍、カルシウムは10倍以上、鉄分は2倍、食物繊維1.6倍。

ご飯1杯の玄米に対してキヌアは大さじ1くらいのものなので、単純に比較はできませんが、穀類の中ではかなり栄養価の高い食品です。

味や香りにくせがないので、取り入れやすい雑穀です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。