自然農法の生産者さんとのお話会

1217タルト

山梨県北杜市で自然農法で野菜を作っている山崎さんをお招きしてのお話会。

山崎さんの野菜を食べたことのある方を中心に集まっていただきました。

自然農法と有機農法、慣行農法。慣行農法が農作物全体の99%。

自然農法と有機農法もとの違い。

虫と植物の関係。農薬と化学肥料はセットもの。

種の違い。

地球全体や生物全体のことを考えるのが自然農法。

「畑にいる虫は1匹も殺さない。その虫が今まで何千年何億年生きてきたのは

地球全体のバランスが取れているから、野菜を食うからじゃまだと殺すからバランスが狂う。その方が大変」

とおっしゃっていた言葉が印象的でした。

消費者側が自然農法で作られて野菜を買うようになれば、売れれば農家は売れる方の野菜を作るようになる。

消費者側が選ぶことで自分たちの命と生産者の命と地球の命を守ることができる。

知らないでいると取り返しがつかないことになりますね。

今回、唯一自然農法を実施している方もみえてくださったので、よりお話が深くなりました。

写真は自然農法のさつまいもで作ったタルトです。

砂糖、乳製品、卵を使わずに作りました。

次回は1月4日日曜日と目処に調整中です。

ご興味のある方、タルトを食べてみたい方もどうぞお問い合わせ下さい。

このHPの「お問い合わせ」からどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。