12月9日 麻のワークショップ

IMG_2936[1]

今回は お正月の注連飾り作り

麻は精麻をしごいて柔らかくするところからはじめます。心身を統一して邪気を祓うように大きく腕を動かして麻を上から下へしごいていきます。麻は三種の神器の中の鏡。自分の姿を映してくれるそうです。

縄をなう要領で3つに分けた麻を注連縄にしていきます。どんどん縄のようになっていく様子は壮観です。手にお清めの麻炭の粉などの入った水をつけてなって行きます。水分を含んで麻が柔らかくなり、また炭の色が微妙な陰影をつけてくれます。

注連縄になった後は、自由に飾りつけ。結び目を上にしたり、下にしたり、斜めにしても。水引、麻紙、紅白の和紙、松ぼっくりや扇子などで華やかに。

麻のお話会とゆう琴の演奏会

12月23日水曜日(祝日)午後3時から6時

川口市のカフェ ド アクタさんで

参加費:1,200円です。

お問い合わせはこのホームページの「お問い合わせ」からどうぞ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。