1月4日 見沼の畑で勉強会

IMG_0035[1]

写真はだるまストーブで、安納芋をつるし焼きにしています。とろっとしていくつ食べてももたれない焼き芋になります。

新年初仕事は 山梨県北杜市の菜祝ぎ菜園 山崎さんに来てもらって 有機農業についての勉強会。近くで同じような志で畑を作っている方々も来ていただきました。

日本の全農地の99.7%が慣行栽培。たった0.3%が自然栽培、有機栽培。たまたまこの勉強会は100%でしたが・・・

地上の生き物を100とすると、地下には1,000の生き物がいるそうです。(微生物を含めると10,000) 地球上全ての生き物の生態系をくずさないように、野菜の声を聞き気持ちを考えながら世話をすることが野菜作り。

土を耕さない、土の中の微生物の住処を荒らさない。種は98%固定種、在来種。

宇宙に浮かぶ地球の中で食べ物で作るにはどうすればいいのか?答えは当然導き出される。食べ物を作ってくださる方への感謝と尊敬を忘れてしまうとどうなっていくのか想像に難くない。

会の途中で春来の里の小島さんの作った野菜がたくさん入ったトン汁をおなかいっぱいいただきました。

次回は

4月2日土曜日に、山梨の神代桜の花見に出かけます。 菜祝ぎ菜園さんの畑は神代桜の目の前です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。